どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの使用可能エリアについて

今回は最近大注目のモバイルWi-Fiサービスである「どんなときもWiFi」の使用可能なエリアについて、「どんなときもWiFi」の特徴なども含めてご紹介します。

2019年の3月からサービスを開始された比較的新しい「どんなときもWiFi」ですが、サービスの開始から、かなりの注目が集まっています。

モバイルWi-Fiの使用可能エリア

モバイルWi-Fiルーターのサービスを提供する会社は数多くある中で、どうしてこの「どんなときもWiFi」が注目されているのでしょうか?

実はこれまでのデータ使用料無制限や使いたい放題といったWi-Fiルーターには弱点がありました。

大きな弱点の1つが対応エリアです。

これまでもモバイルWi-Fiのサービスを提供している会社は実に数多くありました。

主なモバイルWi-Fiサービス

  • WiMAX
  • Y!mobile Pocket WiFi
  • docomo(ドコモ)
  • au
  • SoftBank(ソフトバンク)
  • ネクストモバイル
  • 格安SIM系ルーター

それぞれに特徴があり、かつメリット・デメリット様々ありますが、これまでは結局大きく分けると2つのうちのどちらかを選択するしか方法はなかったのです。

つまり、結論としては、エリアを取るか、無制限を取るかといった2択しか存在しなかったということです。

例えばWiMAXですが、月間のデータ量が無制限プランということでかなりの注目を集めました。

1ヵ月間にどれだけのデータ使用をしようが上限がなかったわけです。

ただしこの無制限プランは、完全に無制限ではなかったというデメリットがありました。

3日間で10 GB以上使うと通信速度制限が発生するといったデメリットがあったわけです。

3日で10GB以上使うと、翌日の18時〜26時まで1Mbpsの制限がかかります。


この制限に関しては、1日で解除されるわけですから、これまでの速度制限に比べると、かなり内容ゆるいものでした。

それよりも重要な点は、使用可能なエリアにありました。

  • WiMAX

まずは、WiMAXを月間の無制限で使おうとした場合に制約が出てくるその理由を説明します。

WiMAXを無制限で使えるモードはハイスピードモードといいますが、実際に利用していくと、ビルの中や大きな建物に囲まれた場所等ではどうしてもつながりづらい場所が出てくることがデメリットです。

また大手キャリアのLTEの回線を利用するエリアと異なり、どうしても利用できるエリアがWiMAXの場合は都心部に偏っていたのです。

この点をと補うために全国で使えるauのLTE回線を使えるようにしてあるのですが、2年契約の場合は月額に余分に1005円の追加料金が発生することと、月々の利用データ容量の上限が7 GBといった制約が設けられます。

この点を比較すると、どんなときもWiFiは完全無制限でトリプルキャリア対応していますので、大手のキャリアの回線が使えて、幅広いエリアをカバーしていることを考えるとかなりメリットがあります。

  • Y!mobile(ポケットWiFi)

次に、Y!mobile(ポケットWiFi)を見ていきましょう

特徴を簡単にまとめると、月間のデータ量を無制限ではありますが、無制限のエリアは狭く、3日間で10 GBの制限があります。

さらにエリアの広いソフトバンク回線を使う場合は月間の上限が7 GBと、こちらも上限が設定されてしまいます。

  • ドコモのWi-Fiルーター

次にドコモのプランです。

そもそもドコモのWi-Fiルーターには、無制限プランというものが存在しません。

最近ではギガホという大容量サービスが提供されていますが、こちらは上限が30ギガバイトとなっています。データ使用料が圧倒的に多い方たちにとっては、とても微妙なデーター使用量だといえます。

ただしドコモに関していえば、対応エリアに関しては圧倒的に優位性があります。

通常のキャリアでは難しい接続エリアである山間部や離島などもカバーできるのは、ドコモだといえます。

この点に関して、どんなときもWi-Fiは、先ほど申し上げたようにトリプルキャリア対応していますから、クラウドSIMのシステムを使ってドコモのエリアも使えるので、あえてドコモを選ぶメリットはなさそうです。


ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターに関しては、ウルトラギガモンスターといった大容量プランがありますが、料金的にかなり割高な点と、対応エリアに関しても、どんなときもWiFiで利用できるのであまりメリットはありません。


格安スマートフォン各社も見ておくと、

このように、ブランドは数多くありますが、これらの1部でWi-Fiルーターのサービスを提供しています。

ただし、多くの格安スマホブランドは基本的にスマートフォンの契約が前提です。そしてWi-Fiルーターのサービスについては、完全な無制限プランがほとんどないということと、速度が非常に遅いというデメリットがあります。

どんなときもWiFiを使用する価値

これまで見てきたように、従来のモバイルWi-Fiサービスはエリアを取るか、無制限プランを取るかといった2択でしかなかったわけですが、どんなときもWiFiが登場することで状況が大きく変わりました。

どんなときもWiFiは、

どんなときもWiFi

  • 無制限プランでサービスが利用できる
  • 日本全国のどこでも使える
  • 対応エリアが広い
  • 高速通信が可能
  • 月額は3480円で海外でもこのまま使える

つまりこれまでのモバイルWi-Fiのメリットとデメリットを全て補うのにあまりある価値があるということです。

どんなときもWiFiならば、大手キャリアのいいとこ取りができます。それが先ほど説明したトリプルキャリア対応です。クラウドSIMというシステムを使うことで、ドコモの回線、auの回線、さらにソフトバンクの回線の全てを利用することができます。

>>「どんなときもWiFi」はこちら<<