どんなときもWiFi

クラウドWiFiとは

皆さんはクラウドWiFiという言葉を耳ににされたことありますでしょうか?

なんとなくクラウドという言葉は聞いたことがあるけれどWiFiとクラウドって何?というイメージかも知れませんね?

今回はこのクラウドWiFiについて「どんなときもWiFi」を中心にご紹介しながら簡単にわかりやすく見ていきましょう。

クラウドWiFiって何

クラウドWiFiは一言で言えばクラウドSIMを搭載しているWiFiルーターのことです。

クラウドSIMといきなり言われてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね?

通常皆さんSIMカードをいちどは目にしたことあるかと思います。携帯電話を契約するときに渡されるあの小さなカードです。このSIMカードを携帯電話に差し込むことで通信が利用可能になりますよね。

通常のSIMカードは、一社の回線しか使えないようになっています。例えばソフトバンクのSIMカードはソフトバンクの電波しか使えません。ところがこのクラウドSIMは別のSIMカードに変身することができるのです。

わかりやすく言えば、移動先でこの場所ではドコモのSIM、さらに別の場所ではソフトバンクのSIMというように最適なSIMカードに変身してくれるのです。後で詳しく説明しますがこれはかなり大きなメリットです。

クラウドWiFiで有名などんなときもWiFiについて

そして今ご説明したこのクラウドSIMを搭載したクラウドWiFiを提供している「どんなときもWiFi」とは何なのか簡単にわかりやすくご紹介していきます。

例えば皆さんは、数多くのモバイルWiFiルーターの購入を検討しているときに、インターネットのサイトで数多くのモバイルWiFiをご覧になっているかと思います。その中でもできれば「通信制限なしのモバイルWiFiが欲しい」とか「海外でもインターネットを好きなだけできるようしたい」と思っていらっしゃるかもしれませんね。

今回ご紹介するこの「どんなときもWiFi」がとてもユニークなサービスを提供している点をまとめてみます。

どんなときもWiFiは2019年の3月に新しく登場したモバイルWiFiルーターです。親会社は、株式会社グッドラックです。

株式会社グッド・ラックは、2010年に設立し、10年近くインターネットサービスを提供しています。

どんなときもWiFiのメリット

1、データ通信が無制限

モバイルWiFiのサービスプランによっては、月間で7 GBの上限設定がされていたり、三日間で10 GBを超過した場合は速度制限が発生するということを耳にされた方も多いかと思います。

例えばデータ容量が無制限のギガ放題というプランで有名なWiMAXも無制限でデータが使えるかというと、厳密には3日間で10GB以上のデータ通信を行うと翌日の18時〜翌々日の2時まで通信速度が遅くなるという制限があります。

その一方で、どんなときもWiFiのデータ容量無制限の内容は、公式サイトによると、

”どんなときもWiFiでは『クラウドwifi』という次世代通信サービスを採用。クラウドwifiは、複数のSIMカードを割り当てることで、データ容量にとらわれることなくインターネットを利用できます。その際に最適なSIMを自動適応してくれるので、SIMカードのパフォーマンスに縛られたり、他のユーザーの利用量に影響されて制限されることがありません!毎日の動画視聴から、大容量ゲームのダウンロードなど様々な利用シーンを通信制限なしで楽しむことができます。”

とあり、注意点として、”内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。”と記載されておりますがこれに該当する方はほぼいないのではないでしょうか?

事実上本当の意味での無制限プランを提供しているといっていいでしょう。

 

2、ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使っている

先ほどご紹介したクラウドSIMを搭載しているため、どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクの4G/LTEの電波を使えるので通信エリアがとても広いです。

最大通信速度も150 MB PSを実現しています。どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクの3つの電波の中からつながりやすい電波につないでくれる「トリプルキャリア対応」なので、エリアが広くて通信速度が速いのです。

 

3、世界107カ国で使える

さらにクラウドSIMのメリットが生かされるポイントがこの点です。クラウドSIMが現地のSIMに自由に変身してくれるおかげで、世界107カ国で通信が可能なのです。このサービスは、国内向けのモバイルWiFiルーターにはないとても珍しい機能です。

 

具体的に料金も気になりますよね?

どんなときもWiFiは渡航先の国にもよりますが、1日あたり1280円から1880円の追加料金で1 GBの通信を使える設定になっています。

1280円か1880円に分かれるのはエリアによって料金が異なるからです。

1 GBを使い終わった後どうなるのかというと、最大通信速度384 kbpsのデータ通信は使えます。

なおこの1日の時間の区切りは、現地時間ではなく、あくまでも日本時間の午前9時から翌日午前8時59分までのことです。

最後にこのどんなときもWiFiの料金プランはどうなっているのでしょうか?

わかりやすい2年間の定額制のプランの価格をご紹介します。

こちらはインターネットが完全無制限で使い放題のコースで2年間定額制で月額3480円です。

ちなみに25ヶ月目以降は3980円となります

まとめ

事実上のデータ使用料無制限プランのモバイルWiFiををお探しの方で、国内だけでなく海外でもインターネットを利用したい方にはかなりお勧めです。

>>「どんなときもWiFi」はこちら<<